Taiga Drama 2005 
TOP大河ドラマ『義経』感想日記 > #24 動乱の都

#24 動乱の都

・アバンタイトル
 雅ちゃんこと後白河法皇の解説
 趣味:今様(カラオケ)、薬の調合
 特技;人をだますこと
 あだ名:日本第一の大天狗
 こんな天皇イヤだ(笑)

・平家は盛り返してきた
 宗盛の鎧が弟達と違ってピカピカなのにワロタ。
 雅ちゃんから「三種の神器を返せ」という手紙が来たが宗リンはその手紙を食ちゃった(笑)

・平頼盛現る
 都落ちしなかった頼盛は鎌倉を頼る為にやって来た。
 しかも、キレ者侍女手古奈も一緒です!
 彼女の方がうつぼより登場が理にかなっていると思う。つーかうつぼ要ら(ry
・行家の法則・発動!
 というわけで、行家軍は平家に惨敗しました(笑)

・平家の戦勝報告
 ボロボロの鎧姿で報告をする知盛、重衡に対して、また宗盛だけきれいなカッコしているのにワロタ
 自分で戦ってもいないのに、「木曽勢恐るるに足らぬ」とか言い出すし、もう見てられない。

・平和主義者義経と郎党
 合戦馬鹿義経が平和主義者になったら魅力半減だと、何故NHKは(ry
 義経が戦う動機って、結局「兄には背けぬ」だけなのね。
 そうすると、後の方で苦しくなると思うのだが、脚本はどうやってカバーするつもりなのだろう?
 平和主義者なのは、義経が部門としての行いを理解していない、という演出なのであれば、
 弁慶・継信との対比という意味では上手く言っているが…

・失点…失点…
 いや、これ以上の失点はダメだろう、義仲。

・雅ちゃん
 結局、頼朝を頼ろうと思ったものの、雅ちゃんの権謀をもってしても、頼朝は思うようには動かない。
 やっぱり頼朝、義仲や義経とは器が違うなぁ。

・そんな雅ちゃんを無礼にも襲撃する義仲
 都を食いつぶす田舎武者の戦馬鹿が、雅ちゃんの権謀術数に勝つ方法はただ一つ!
 力 押 し !
 隠れていたり、涙ながらに命乞いをする雅ちゃんがラブリィ。
 雅ちゃんを押し込めた義仲は、もう誰にも止められない。
 しかし、そんな暴挙が墓穴を掘っている事に義仲は気付かなかった。

・流石に怒る義経
 一門の恥とまで言い切り、「木曽殿は私がこの手で討ち取る!」やっと決意したか…義経。
 そしてカバちゃんこと範頼が総大将として到着。
 範頼も梶原景時も、とても義経の先陣としての役目を評価してくれているように見える。
 範頼はいい兄貴だし、良純は和むなぁ。



感想
 前回見ていない人にも優しい出だしとでも言いますか、前回はキッパリ要らなかった。

TOP大河ドラマ『義経』感想日記 > #24 動乱の都
Taiga Drama 2005