Taiga Drama 2005 
TOP大河ドラマ『義経』感想日記 > #12 驕る平家

#12 驕る平家
これ絶対タイトルが間違ってる。
驕る平家じゃなくて「驕る宗盛と時忠」が正しい…それでも驕ってるのは一瞬だけかよ!(笑)

・アバンタイトル
 禿童(かぶろorかむろ。ハゲワラではない。)の解説。
 清盛直属の密告者集団で、「驕る平家」の象徴であるはず…なのだが。

・まずは主人公・義経一行
 ナンチャンとマツケンの漫才から始まった今日の義経。
 その楽しいシーンに水を差すように現れた、某球団代表特別補佐こと藤原国衝。
 今回、この人なんで出てきたんだろ。

・義経、経験値稼ぎに郎党と旅に出る。
 偶然越後で出会った、方向音痴の情けない侍と、こわーい女武者。
 まるでクネクネ頼朝と政子のような組み合わせの正体は、なんと木曽義仲と巴御前。
 従兄弟だと知って会いたがる義経だが、この時代の感覚から言うと、
 腹違いの兄弟だって他人なのに、一緒に育ったのでなければ、従兄弟は他人だろ。

・その頃都では…
 火事が頻発し、治安が低下していた。
 夜盗の嫌疑で捕らえられていた五足の仲間むじなは、
 平時忠(解説は無いが検非違使別当)の命で詮議もなく両手を切り落とされた。
 この事に怒った都の裏世界のボス朱雀の翁は、平家に対し戦を仕掛けると言い放つ。
 ちょっと待て!盗賊が大手を振って歩く町って、かなり嫌だぞ!
 詮議が無かったのは問題だが、時忠たんの「二度と盗みを働けぬよう、手首を落とさせよ」という命令自体は、
 「驕り」では無く正論じゃないかと思うんですが…。

・平清盛、いきなり難聴になる。
 お徳のおばばは、清盛を訪ね最近の平家の横暴(?)について訴える。
 いや、横暴ってほどの事は何も無かったんだけど…
 実は清盛は耳が遠くなっていて、その事を周囲に隠していた。
 それで暴れる為、重盛以外の人は怖くて清盛にものを言わなくなっていた…
 何 で す か そ れ は !
 って少し前からそれらしい素振りをいれて、重盛か宗盛に「あれ?」と思わせる表現があれば自然だったのに…

・五足、清盛の「耳」となる。
 つまり禿童(かぶろ。ハゲワラではない)になるんですね。

・徳子、言仁親王を出産。
 1178年秋
 最初、物凄く難産と思われ、どうしたらよいかを清盛が重盛に相談をすると、
 鹿ケ谷の謀議で島流しになった人を恩赦で都に呼び戻す事を提案されるとか、
 京中、六波羅も神社もお寺も、いろんな人オオワラワのはずなのだが、そんな描写は一切なしに
 あっさりと生まれてしまいました。

・「平家にあらずんば人にあらず」
 1179年初頭の話か?祝いに集まる平家の人々&源頼政。
 そういえば、池殿こと平頼盛は何処へ消えてしまったのだろう?
 時忠「入道様は帝の祖父、姉上は祖母、某は大叔父という事に」って
 将来、帝になったら、の話でしょ!
 あんたは今でも帝(高倉天皇)の伯父だし、姉時子は伯母なのを忘れているんですかッ?!
 ここで何の脈略もなく、平家物語一の名台詞@時忠の
 「平家にあらずんば人にあらず」
 キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!
あれ?
 なんだが、前後の説明無くいきなりこの台詞だけ言われても、全然盛り上がらない。
 しかもこの台詞に対しはっきり笑ってるのは宗盛だけで、頼政は微妙な表情で酒をのみ、
 重盛は体調悪くてそれどころじゃないし、その重盛を不安そうに見ている清盛にも、たぶん何も聞こえていない。
 だから全然驕って見えません!
 それとも源頼政が平家に奢ってもらう話だから「おごる平家」なんですかッ!
 絶対に構成間違ってるよ、おい!

 そもそもこの名台詞、劉邦の「劉氏にあらずんば人にあらず」という元ネタがあるので
 本当に時忠が言ったかどうかは定かではない。
 「劉邦がそう言ったというが、今はまさに平家にあらずんば〜」
 と言わせるとか、工夫が欲しかった。
 もっとも彼が言う「平家」とはいわゆる六波羅一家の武家の平家ではなく、
 彼の家系の堂上平家の事だという説もある。
 それより大霊界こと源三位頼政の方が死にそうに見えるのは気のせいですか?
 (丹波さん、現在インフルエンザ→虫垂炎で入院中との事。お大事に。)

平重盛、いきなり死亡…。
 「手を汚すのは………某の役目だと…」って、あんた漢だったよ(泣)
 しかし熊野に行かないで、いきなり寝込んで死亡かよ…おい!話が1179年夏まで飛んでるぞ!
 先週あたりから、めまい位でも良いから少し体調が悪そうな素振りを見せるとか、
 死兆星が見えるとかwの何らかの兆候があれば自然だったのに、演出が雑で悲しい。
 そういえば、重盛が病弱で、何度か官職を退いた事があるのはスルーされたですね。
 しかし偽の太刀のエピソードはここに繋がるあたりは、アッパレなのだが、話が長すぎて退屈。
 特に藤原成親死亡の話は入れない方がスッキリするし、入れるなら、もっと前に入れておけば良かったし
 成親の妹で重盛の妻経子も関わらせるべき。
 成親が鹿ケ谷に関わった為に重盛が左近衛大将を辞任させられた(内大臣はそのまま)話も欲しかった。
 大変残念なのだが、構成が激しく不味いと思う。

・血曼荼羅
 重盛が死んでしまって、福原に3ヶ月も引篭もる清盛…のはず。
 隣にいるのは禿童(かぶろ。ハゲワラではない)ヘアーの五足?
 なんかピーターに見えて笑ってしまったのは私だけですか?

・小松逝き、祝杯を上げる、ヘタレ盛。平家この先「もうだめぽ」<五七五必ず最後は「もうだめぽ」のノリで
 これは平家物語にもある話で兄の喪中に酒宴をする宗盛。
 しかも宗盛の「伯父上身罷れば、目の上のたんこぶも取れたも同然ぞ」に息子の清宗まで「ハイ」とか言っちゃうし。
 確かにこの後、平清宗は考えられないくらいえらいスピードで出世して平維盛を追い越していくわけですが…。
 今回は時子と重盛の仲が険悪ではなかったせいか、さすがにおかんが宗盛に
 「もう、馬鹿かアフォかと。」と問い詰めるが悪いことをしているという実感0。
 ここまで清々しくアフォだと、ある意味アッパレ。

・その頃、後白河法皇は
 さりげなく重盛の死を喜んで、その知行国を召し上げる雅ちゃんこと後白河法皇。
 しかし、この行為が清盛の怒りを買ってしまった。
 雅ちゃん!後の事を考えて行動しろよ!

・平清盛信長化
 ここまで完全スルーだった清盛の娘、盛子(殿下乗合事件の当事者、摂政松殿の兄の妻)の遺領の事に始まり、
 重盛が死んで領地を召し上げたり、重盛の喪中に狩猟を楽しんだりした法皇が許せないらしい。
 (前回の鹿ケ谷の謀議の)「背後に院があったる事を見抜けぬ我と思われるか!」
 って、見抜けなかった貴方に、それを教えたのは重盛さん(故人)です………。
 それにヘタレな方の息子も酒宴を催しているんですが、雅ちゃんにだけ罰を与えて、宗盛はほっとくんですか!?
 私は
 「雅ちゃん幽閉なら、宗りんをも幽閉なされませ!」と言いたい。
 そして、ガクガクブルブル震えて鳥羽に押し込められる雅ちゃん。
 しかし、このままで終わるような雅ちゃんではないのは周知の事実…。

・最期に義経
 ちょっと重苦しい展開の最後に、ロケでの開放感あふれる映像をお送りします。
 っていう感じ(笑)

・次回予告
 第三話から10年は経っているのに、全然変わらない新宮十郎行家は
 さらに瞬間移動を会得しているか、どこでもドアを持っているんですかッ!



<感想というか、ほとんど平重盛追悼特集>

 物語も1/4が終わり、序盤のMVPだった勝村政信演じる小松殿こと平重盛が病死。
 という訳で今回はやっぱり平家メインで、主役は10分くらいしか出てこなかった(笑)

 今のところ全体的にキャスティングはなかなか良かったと思うけど、
 この平重盛に勝村政信っていうのは、代打逆転サヨナラ満塁ホームラン級の大当たりだったと思う。
 実は、平重盛というキャラクターは結構好きな人物なんですよ。
 自分が一番好きな歴史上の人物は小早川隆景(毛利元就の三男)なんですが、
 この隆景を色々な人が褒め称える時に、譬えられるのが、この平重盛なんですね。
 (大河ドラマ毛利元就の時に、隆景がホンジャマカの惠だったと聞いてマジで頭痛がした。あれは今でも見なかった事にしたい。)
 だから、キャスティングが発表された当初は、大変失礼ながら
 『はぁ?勝村ぁ?誰?ああ、正露丸かよ!』と思った…
 だって、正露丸糖衣AのCM以外ではバラエティでバカやっている印象しかなかったし…本当にごめんなさい。
 それが、
 お!なんかいいぞ!!→地味にカッコイイぞ!つーかブラック化は激しくカッコイイぞ!
 と「重盛が生きていたら平家は滅亡しなかったかも」と人々に思わせるだけの存在感がありました。
 平家物語に創作された完全無欠の聖人君子というイメージより、遥かに良かったです。
 最期は脚本はダメダメで退屈だったが、彼の熱演でなんとか持った感じだった。
 どうせなら、もっと見応えある展開にしてくれれば良かったのに…

 それに比べて、渡哲也の清盛は、まだまだというかワンパターンで「何やっても大門」という感じ。
 おまけにシナリオ的にも魅力が無い描かれ方をしているので、五足がいきなり平伏してしまうほどのオーラがない。
 はっきり言って、勝村重盛や鶴見宗盛にかなり救われている印象。

 この回の出来自体も、「箸休め」とさえ呼ばれる7話の次に悪かった。
 (そういえば7話も木村隆文氏が演出だった気が…)
 平家をこれまでにしっかりと描写していれば、今週は涙涙の見応えありの回になっていたのに残念。

 重盛が出ない来週以降は何を楽しみにして感想書こう…。
 とりあえず、アフォを極める宗盛、何をしでかすかわからん雅ちゃん、
 プレマップをみた感じでよさそうだった、高階栄子こと丹後局あたりに注目してみよう。

TOP大河ドラマ『義経』感想日記 > #12 驕る平家
Taiga Drama 2005