Taiga Drama 2005 
TOP大河ドラマ『義経』感想日記 > #11 嵐の前

#11 嵐の前

前30分が義経、間にCM鎌倉を挟んで残りは平家です。
なお感想がいい加減なのは、出来が悪い回の仕様です。

・藤原泰衡救出
 一度、「無謀だ」と叱った後で頭を下げる藤原秀衡がカコ(・∀・)イイ!!
 清盛よりも父の威厳というものを感じる。
 つか清盛は(ry

・うつぼいい加減にウザイ
 このあたりシナリオがぬるい。引き伸ばしっぽく、チャンネルを変えたくなる。
 もう時代劇の雰囲気壊すの止めてくれ。
 うつぼが都へ帰る!と言った時のマツケン嬉しそうだったなぁ。
 いや、私も嬉かったです(笑)
 きっと弁慶に感情移入させる為にうつぼがウザイんだと、勝手に納得してみる。

・佐藤兄弟
 初登場の佐藤弟こと忠信。いきなり血相変えてきたら、その真意はだいたいわかりますがな。
 図星が当たって、思わず(・∀・)ニヤニヤ。
 義経とその一味の中では、初めてまともな家来になる佐藤兄弟も(・∀・)イイね。

・頼朝は一瞬だけでした。
 もうクネクネニヤニヤは終了なのね…あ、政子がいない!
 あれだけ「政子イラネ」と言っても、いざ出ないと物足りないのは何故だろう?

・後白河法皇のバースデーパーティー
 青海波を舞う小松兄弟はそれなり。小泉Jrにしちゃがんばってる方じゃないか?
 それを見てじーんときている重盛と、落ち着かずにきょろきょろしている宗盛にいつもどおりの展開を感じる(笑)

・平家女性陣の井戸端会議
 給湯室のOLの集まりみたいに見えるのは私だけですか?そうですか。
 平家の公達を花鳥風月にたとえるのは良いんですが、ほとんどの視聴者には
 清盛、重盛、時子以外の人物は誰が誰だかわからない人が多いと思われ。
 このエピソードを入れるなら、もっと平家を丁寧に描いてくれれば良いのに…。
 なお、平家の中の重要人物であるはずの建春門院滋子はセリフもなくあっさり死亡…合掌。

・鹿ケ谷の陰謀
 また肝心の大事件をナレーションだけで終わらせるんですかッ!

・で、その処置が問題なわけだが
 ここ、平家物語だと法皇を捕らえると主張する清盛を、重盛が「馬鹿なことはやめるんだッ!」
 と丸一日問い詰める話だったはずだが、
 清盛はすげー間抜けな事に法皇が関与している事を知らなかったし、
 重盛は逆ギレして「法皇様をも死罪になされませ!」と過激化しているし、なんか違う感じがしないでもない。
 ある意味感情的になっている清盛に、重盛が正論を吐いているという点ではそのとおりだし、
 重盛がカコ(・∀・)イイ!!から、これはこれで良いけどね(笑)
 平家物語にある、完全武装の清盛以下が集まる西八条邸に、烏帽子と直衣姿の重盛が単身乗り込んでいく所を見たかったなぁ。

・怯える後白河法皇
 鳥のはばたきに怯える法皇様、激しくGJ!<まるで富士川の平維盛軍
 あなた「キャーーーーーーーーー」ってなんですか!激しく笑わせてもらいましたよ!
 泥遊び(笑)をしている所なんか
 「 法 皇 必 死 だ な 」感がよく出ていた。

・清盛ようやくブラック化
 今までヌルかった清盛がやっと清盛らしくなってきました。
 必死な法皇をにらむ所が怖くて良かった。

・次回予告  重盛…。・゚・(ノД`)・゚・。



<感想>

 今までのサブタイトルは義経視点だったのが、今回は平家視点。
 つーか原作は平家物語なんだから1回くらいは平家だけで良いよ。
 と思ったものの、時間配分は義経2に対して平家1の割合。
 ところで今回、重盛のキメ台詞「如何なものかと」はあったものの「由々しき事」を知盛に取られてました(笑)
 このドラマでは知盛は最初から親重盛に描かれているので、重盛の苦難とキメ台詞を引き継いでいってくれるんでしょう。

TOP大河ドラマ『義経』感想日記 > #11 嵐の前
Taiga Drama 2005