Taiga Drama 2005 
TOP大河ドラマ『義経』感想日記 > #6 我が兄、頼朝

#6 我が兄、頼朝

鎌倉組登場で4元中継でお送りします…パ・リーグのデーゲーム以下になってきたな。


・アバンタイトル
 超有名な頼朝の絵「伝源頼朝像」。
 だが、現在では描かれているのは足利直義(尊氏の弟)だとされている。
 足利直義について詳しくは太平記参照。
 ってCSの太平記も録画しているけど、まだ見れない。とりあえず音楽は激しくZガンダムだった(笑)

・前回のおさらい。
 再放送じゃないんだから、前回のあらすじが不要。

・フラグ1?
 偽の呼出しにより、無法ども待伏せされた遮那王は、
 別に何事も無かったかのようにw彼らをやっつけた。
 喜三太が仲間になりたそうにこちらを見ています。
 仲間にしますか
    はい
 → いいえ

・今日の平家の皆さん1
 盛国が鞍馬寺へ行った報告、人柱禁止令の話
 重盛は毎回「如何かと」とか「由々しき事!」と言って(もはや笑うポイントと化してきた)
 色々、警告しているのだが、肝心の清盛は、お気楽なのか、天然ボケなのか、そんなことは全然気にせず、
 「遮那王はいくつになったかのぅ」などと言いながら、その輝く頭で平家一門を明るく照らしている………。
 完全に2ちゃんねるの
 「大ちゃん(山下大輔楽天ヘッドコーチ)的歴史人物スレ」
 のノリになって来た平家を支える平重盛の苦難はまだまだ続く…
 「うつけ」と叫ぶ清盛が一瞬信長に見えたのは私だけでしか?

・今日の平家の皆さん2
 一方、時子は自分の子だけを集めて父親抜きで相談中。現代の家庭でもありそうな光景。
 遮那王を自分たちで捕らえて清盛に差し出そうとする宗盛を嗜める知盛。
 しかし、「小松の兄上とも計り、父上とご相談の上で…」という台詞、
 確かに、勝手なことをするのも“如何なものかと”思うけど、
 彼ら3人はいずれ“小松の兄上”も“父上”もいない状態で苦難を乗り越えなければならないのだが…
 中盤以降の伏線かもしれない。
 今日、一番笑えたのは
 重衡「あの牛が、いや遮那王が、幼い頃遊んだ我らに、弓を引くとは思えぬが。」
 宗盛「遮那王と遊んだは、その方ら二人ではないか!」」
 宗盛よ…本当はオマエも牛若と一緒に遊びたかったんだな(w
 だったら欠伸をしてぼけっとしていないで(#2)輪に入ればよかったのに…

信玄頼朝キター
 何度でも言ってやるぞ!
 あの池松君演じる凛々しかった源頼朝が、こんなにクネクネ(ry
 もう庭の畑に瓜でも茄子でもプルーンでも勝手に植えてくれ。orz(泣)

・都からの文1
 北条時政の元に届いた平家からの指令文。
 おそらく前回、重盛が言っていた「北条・伊東らに頼朝の監視を強化」云々の指示。
 だが、「なんか強化しろっさ」「都の連中は臆病だなw」程度にしか受け取られていない。
 平重盛の苦難はまだまだ(ry

・北条政子登場
 なんかこの人、義姫(伊達政宗のママ)より嫌…
 いや、後の尼将軍だし、まあこんなもんか…
 しかし財前直見がマイケル・ジャクソン(整形後)に見えるんだが…

・都からの文2
 頼朝の元に都の三善康信から手紙が届く…ねえ、軟禁されている人が、
 こんなやり取りしているとマズイんでないの?
 つくづく平家の監視網ってザルだな。
 平重盛の苦難(ry

・次章予告というか番宣
 次回予告は無し

 鎌倉の皆さん
 政子にひっかき回され、大変そう
 でも政子のヌードはいらね
 頼朝はしばらくあのくねくねのままなんですねorz

 六波羅一家
 重盛「伊豆に流した頼朝と、遮那王が手を組むような事があれば…」<これだけで終了
 その後に「如何なものかと!」とか「由々しき事!」と続きそうな、いつも通り過ぎる展開(笑)

 遮那王改め義経たち
 ソウルキャリバー2のオープニングに良く似た音楽に乗って
 奥州への旅の途中でドラクエの如く仲間が増えていく
 三郎が仲間になりたそうにこちらを見ています。
 仲間にしますか
 → はい
   いいえ
 のパターンらしい(笑)



<感想>

 今回はなんと言っても、
 あの池松君演じる凛々しかった源頼朝が、こんなにクネクネ(ry
 きっとこれも諸行無常…。
 登場人物増加につれて、個々の内容が薄くなってきた事もあるけど、おかげで他の細かい出来事わすれちゃったよ。
 一番あおりを受けたのが主役であるはずの遮那王な気がするのは気のせいだろうか?

 1話から出ているだけあって平家は役割が固まってきたが、某アンチスレへ行ってみた所、平家の人が
 「“盛”が多すぎて、団長と正露丸以外誰が誰だかわかんねー」という人が結構いた。
 あと1、2ヶ月はそれでも問題はないけど、父にどつかれ、屏風に石を投げていたヘタレ少年が
 成長した姿が鶴見辰吾だという事はそろそろ分かった方が良い。

TOP大河ドラマ『義経』感想日記 > #6 我が兄、頼朝
Taiga Drama 2005