バッドエンディングを迎えない方法

ゼルドナーシルトには実はタイムリミットがあり953年12月までに、騎士に勧誘されなけばバッドエンディングとなります。

騎士叙任の条件
953年12月までに以下の3つのイベントをクリアしておきます。

1.対象国の領土が都市6つ以上で、貢献度が120以上(わりと期待している)
騎士団長がねぎらいに来る。

2.対象国の領土が都市6つ以上で、貢献度が140以上(大いに期待している)
騎士団長が贈り物を届けに来る。

3.対象国の領土が30エリア以上で、貢献度が150以上
騎士団長が、騎士に勧誘してくる。

次の月に対象国の首都へ向かうと、騎士に叙任されます。
向かわない場合はフリーの傭兵のままで『孤高の傭兵エンディング』(グッドエンドです)になります。

また、カルマが一定以上に上がった場合も、バッドエンドとなります。
カルマが増える行動は以下の通りです。

1.大陸を統一する意思がないと思われる行動をとった
・今まで貢献してきた国が戦闘対象になるような仕事をした。
・今まで何度か攻撃してきた国の仕事を引き受けた。
・貢献度が高い国が2つ以上ある。

2.非人道的な行為をした
・任務遂行の途中で村人を殺害した。

3.隊長としての責任感に欠ける行為をした
・敵からワイロをもらった

かなり危険なレベルにまでカルマが増えると、教会で
『おや? なにやら黒い影があなたの背後に・・・ 災いが降りかからないといいのですが・・・』
といわれます。
この状態になったら、教会で寄付をすればカルマを減らす事ができるようです。

結論

つまり、最初から『この国!』と決めて貢献していれば、とりあえずバッドエンディングだけは避けられます。

とりあえずというのは・・・実は騎士になっても必ずグッドエンディングを見られる訳ではないのです。
そのあたりは次回の更新時に書きます。


▲ 攻略の表紙へ戻る